日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

徳島大学薬学部70年史

大正12年04月09日
徳島高等工業学校 第1回入学式
土木工学科、機械工学科、応用化学科(製薬化学部)
大正15年04月07日
徳島高等工業学校応用化学科製薬化学部の指定

昭和19年04月01日
徳島工業専門学校製薬工業科と改められる
昭和24年05月31日
徳島大学工学部薬学科の設置(工業専門学校を包括)
昭和26年04月01日
徳島大学薬学部薬学科の設置(薬学部として独立)

昭和37年04月01日
製薬化学科増設(2学科となる)
昭和40年04月01日
大学院薬学研究科(修士過程)設置
昭和62年04月01日
大学院博士過程 設置

平成05年10月09日
薬学部創立70周年記念式典および記念講演会
(薬学部内、長井記念ホールにて)

藍(あい):
阿波徳島藩特産品、タデ科に属する1年生草本で、葉に青藍(Indigotin)を含み、古くから藍染料(Indigo)(あお)を得る目的で栽培されてきた。

出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ):
青は藍より出でて藍よりも青し

わが国唯一の工学系に端を発する国立大学薬学部です。
薬剤師養成のみならず創薬(新しい薬の開発)を目的としています。
長井長義博士の進言により設立されました。
(徳島出身、日本薬学界の租でエフェドリンの発見者として世界的に著名)

投稿日:

執筆者: