「 サリドマイド事件 」 一覧

no image

自主的に出荷中止/イソミンとプロバンM(朝日新聞スクープ)

2018/06/10   -サリドマイド事件

日本国内で、大日本製薬(株)がサリドマイド製剤の出荷中止(1962年5月)を決めた時、既にレンツ警告(1961年11月)から約半年が経過していた。 この出荷中止決定を伝えたのが、朝日新聞夕刊スクープで …

no image

レンツ警告後、日本での回収決定は大幅に遅れた

2018/06/10   -サリドマイド事件

レンツ警告(1961年11月)後、欧州各国では直ちにサリドマイドの回収が行われた。1961年末までには回収作業は終了したものと思われる。これに対して、日本国内の動きは非常に緩慢かつ信じられないものであ …

no image

東京都立築地産院におけるサリドマイド児3例

2018/06/10   -サリドマイド事件

レンツ警告(1961年11月)に先立つこと数か月前までに、日本国内では、東京都立築地産院においてサリドマイドの催奇形性を疑う症例が2年間で3例発生していた。 そして、その事実はメーカーにも報告されたと …

no image

日本のサリドマイド製剤(イソミンとプロバンM、そしてゾロ品)

2018/06/10   -サリドマイド事件

日本のサリドマイド製剤は、全部で16品目(15社)が販売許可された。 しかし、大日本製薬(株)のイソミン(睡眠鎮静剤・サリドマイド単剤)とプロバンM(サリドマイド入り胃腸薬・合剤)で全体の90~95% …

no image

レンツ警告1/3(サリドマイドが奇形の原因である可能性が極めて高いと警告/1961年11月)

2018/06/10   -サリドマイド事件

レンツ警告とは、「サリドマイド(商品名:コンテルガン)が、1960年代初頭に西ドイツ(当時)で多発していた新たな奇形の原因である可能性が極めて高く、したがって、直ちに全製品を回収すべきである」としたレ …

no image

サリドマイドの誕生(西ドイツ&日本)

2018/06/10   -サリドマイド事件

睡眠・鎮静剤「コンテルガン」(西ドイツ) サリドマイドは、最初、チバ製薬(スイス)でグルタミン酸誘導体として製造(1953年)された。しかし、薬理作用がないということで開発は中止されていた。(以下主と …

no image

サリドマイド販売量をサリドマイドの新聞広告スペース量で推測することはできない

2018/06/10   -サリドマイド事件

イソミンの新聞広告は、レンツ警告(1961年11月)の月でピタリと止まっていた。そしてそれ以降、プロバンMが広告量を急激に伸ばし、朝日新聞スクープ「自主的に出荷中止/イソミンとプロバンM」(1962年 …

no image

サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には相関関係がある

2018/06/10   -サリドマイド事件

疫学研究によれば、サリドマイド胎芽病は、サリドマイドが販売された場所(国)と時間(期間)でのみ発生している。サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には、少なくとも相関関係があることは間違い …

no image

サリドマイド胎芽病と催奇形性

2018/06/10   -サリドマイド事件

サリドマイド胎芽病とは、サリドマイドを妊娠初期の母親が服用することによって、胎児(正確には胎芽)に生じる障害(奇形)のことをいう。つまり、サリドマイドには催奇形性がある。 サリドマイドによる障害(奇形 …

no image

サリドマイドの血管新生抑制作用と不斉合成

2018/06/10   -サリドマイド事件

サリドマイドによる四肢短縮など(奇形)は、TNF-αの持つ血管新生作用が抑制されることによって生じる。 サリドマイドには「不斉」炭素が一つある。睡眠・鎮静作用があるのは「右手型(R体)」、催奇性による …