薬リンク集

薬ができるまで、できてから

投稿日:2018年6月9日 更新日:

ICH(医薬品規制調和国際会議)ガイドラインと関連情報

ICH(医薬品規制調和国際会議)の目的と意義:
医薬品規制当局と製薬業界の代表者が協働して、医薬品規制に関するガイドラインを科学的・技術的な観点から作成する国際会議。
限られた資源を有効に活用しつつ安全性・有効性及び品質の高い医薬品が確実に開発され上市されるよう、より広範な規制調和を世界的に目指す。

治験ナビ/管理人:西塔京四郎さん
患者のための治験・臨床試験ポータルサイト

臨床研究支援センター(東京大学医学部付属病院)
<治験>(ちけん)は、より良い薬が世の中で使えるようになるため行なう大切な試験です。Web上には、治験を実施する先生方だけでなく、患者さん用、製薬企業向け(提出書類等)の説明もあります。

ライフサイエンス出版(株)EBMライブラリー循環器トライアルデータベースなど
国内外のclinical evidence,治療ガイドライン,学会情報などを収載し,領域に応じた利用性の高い検索システムを採用しています。なお、ライフサイエンス出版はEBM時代の治療情報をさまざまな媒体でお届けする専門出版社です。

国立医薬品食品衛生研究所/医薬品に関する情報(Drug Safety Information)など

Web管理人作成資料
PMS(市販後調査)
MR試験開始直後用

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第3版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか
加筆修正⇒2019年10月12日(第3版発行)

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)
2019年10月12日(第3版発行)

『サリドマイド胎芽症診療ガイド2017』で参考書籍の一つに挙げられています。

Web管理人

山本明正(やまもと・あきまさ)

1970年3月(昭和45)徳島大学薬学部卒(薬剤師)
1970年4月(昭和45)塩野義製薬株式会社 入社
2012年1月(平成24)定年後再雇用満期4年で退職
2012年2月(平成24)保険薬局薬剤師(フルタイム)
2019年5月(令和1)現在、保険薬局薬剤師(パートタイム)

-薬リンク集

関連記事

no image

メタボリックシンドローム

このページの目次ですスタチンによる大規模臨床試験ロスバスタチンアトルバスタチンピタバスタチンプラバスタチン スタチンによる大規模臨床試験 ロスバスタチン 塩野義製薬(株)プレスリリース、そのほか CO …

no image

私の薬リンク集

「Akimasa Net」(1999年にその前身を開設)の初期の目的は、この「私の薬リンク集」をホームページ上にアップすることでした。 私がホームページを開設した当時(1999年前後)、個人でもインタ …

no image

英語情報と格闘する

このページの目次ですPubMedで文献検索をしようEBM(Evidence-based Medicine)/Cochrane共同計画を学ぶオンラインで読める医学誌一覧など有力誌一覧インターネットで翻訳 …

no image

病気について考える

「MSDマニュアル」(旧メルクマニュアル:The Merck Manual of Diagnosis and Therapy) 旧版説明:原著メルクマニュアル「診断と治療」(専門家向け)は、世界で最も …

no image

あなたは自分が今、どんな薬をのんでいるか知っていますか

ゲット・ジ・アンサーズ運動(Get The Answers) 日本薬剤師会より ~知っていれば安心、薬のこと~ 薬剤師に、どんどん質問してください。 そして、どんどん答えてもらってください。 1.この …