日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

私の薬リンク集

投稿日:2018年6月9日 更新日:

Akimasa Net(1999年にその前身を開設)の初期の目的は、この「私の薬リンク集」をホームページ上にアップすることでした。

しかしながら、インターネットの世界の激しい変化について行きながら、リンク集の更新を繰り返すのは大変です。現在では、その都度Google検索をする方がむしろ効率的だと思われます。

そこで本リンク集は、この度リンク切れを中心にリストの見直しを行った上で、初期の頃の記念品として残すことにしました。(2018/06/10)

ところで、ホームページ開設当初(1999年前後)、個人でもインターネットに接続してホームページを開設できるようになってきていました。そこで、自分用の薬リンク集を作れば、日々の情報収集に役立つだろうと考えたのです。

それから約20年が経過して、リンク先の中には、URLが変更になったり、あるいはWebページそのものがなくなったりしたものもあります。また、現在では多くのWebサイトが常時SSL化(http:// ⇒ https://)しています。

インターネットの世界が今度どのように変わっていくのか、怖くもあり、また楽しみでもあります。

公的機関・リンク集

厚生労働省及び米国関連

厚生労働省
同省リンク集(厚生労働省HP内)
(国会、官公庁、首相官邸、社会保険庁、施設等機関(国立)、関連団体・研究班など)
医薬品医療機器総合機構(PMDA)

FDA(米国食品医薬品局)(添付文書など)
RxList(米国処方薬集);日本の添付文書集よりはるかに情報量が多い

薬剤師会、薬学部・薬科大学

日本薬剤師会
日本病院薬剤師会
全国の薬剤師会リスト
全国の薬学部・薬科大学リスト(薬学部・薬系大学のすべてを網羅)
 上記2つは、「豊見雅文のホームページ」より

医師会、歯科医師会、及び看護協会

日本医師会
日本歯科医師会
日本看護協会

製薬企業、卸業

日本製薬団体連合会(日薬連)
日本製薬工業協会(製薬協)
東京医薬品工業協会(東薬工)
大阪医薬品協会(大薬協)
日本ジェネリック製薬協会
日本OTC医薬品協会
日本医薬品卸業連合会

出版社

日本医書出版協会
日本書籍出版協会
日本雑誌協会
日本雑誌協会 日本書籍出版協会 50年史《Web版》

新聞社(+通信社、放送局など)

(社)日本新聞協会
〈メディアリンク〉から、新聞社、通信社、放送局などの一覧へ

日本経済新聞朝日新聞読売新聞毎日新聞産経新聞日刊工業新聞

ネットサーフィンする前にきちんと検索を

www.harano.net(原野守弘さん)
おくすり110番
ミクスOnline
MR-NET(MR:医薬情報担当者のためのポータルサイト)
健康・医療/All About APAN(リクルート・アバウトドットコム・ジャパン)
各分野別にそれぞれ詳しい人(ガイド)を集め、得意分野について「リンク集」を作ってもらっています。「なんでほしい情報がすぐみつからないの?」「なんで関係ない検索結果が出るの?」そんな不満を感じることはもうないでしょう。

循環器疫学サイト
日本人の循環器疾患の実態を知るために

日経メディカル オンライン
m3.com
CiNii(サイニイ)/国立情報学研究所、日本国内の論文・雑誌記事を検索

薬事日報社、HeadlineNEWS
株式会社じほう、医薬品・医療業界ニュースHeadLine
RISFAXヘッドライン無料メール(医薬経済社)

医薬品情報をゲット
豊見雅文のホームページ

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ケルシー博士(米国FDA)の活躍

サリドマイドは米国では発売されなかった サリドマイドは、米国ではついに発売されることはなかった。FDA(米国食品医薬品局)のフランシス・ケルシー博士が、米国メレル社の発売申請に待ったをかけ続けたためで …

no image

薬害エイズ

薬害エイズとは 薬害エイズとは、濃縮血液製剤(非加熱製剤、米国製)の原料血漿中にHIV(エイズウイルス)が混入していたため、それを用いた患者がHIV感染をした事実をいう。 患者数は、日常的に血液製剤に …

no image

薬害スモン(SMON)

薬害スモン(SMON)とは 薬害スモンとは、整腸剤キノホルムを服用することによって、神経障害患者が多数発生した事件のことをいう。患者の多くは、1960年代特に後半、日本国内でのみ異常に多く(一万人以上 …

no image

サリドマイド事件(回避できたはずの症例、生まれたはずの症例)

レンツ警告後の患者数は、日本が世界で一番多い 胎児(胎芽)がサリドマイドの影響を受けてから生まれるまで、最大で約8か月である。そこでもし仮に、サリドマイドの全面回収が、レンツ警告(1961年11月)が …

no image

サリドマイド販売量を縮刷版20万ページ分のサリドマイド広告スペースで分析してみたら

日本の医薬品は、100%広告の力で売れている? 中森黎悟さん(サリドマイド児の父親)は、ある時偶然に、「医薬品は、外国では75%、日本では100%までが、広告の力で売れている」という趣旨の文章を目にし …