日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

私の薬リンク集

投稿日:2018年6月9日 更新日:

Akimasa Net(1999年にその前身を開設)の初期の目的は、この「私の薬リンク集」をホームページ上にアップすることでした。

しかしながら、インターネットの世界の激しい変化について行きながら、リンク集の更新を繰り返すのは大変です。現在では、その都度Google検索をする方がむしろ効率的だと思われます。

そこで本リンク集は、この度リンク切れを中心にリストの見直しを行った上で、初期の頃の記念品として残すことにしました。(2018/06/10)

ところで、ホームページ開設当初(1999年前後)、個人でもインターネットに接続してホームページを開設できるようになってきていました。そこで、自分用の薬リンク集を作れば、日々の情報収集に役立つだろうと考えたのです。

それから約20年が経過して、リンク先の中には、URLが変更になったり、あるいはWebページそのものがなくなったりしたものもあります。また、現在では多くのWebサイトが常時SSL化(http:// ⇒ https://)しています。

インターネットの世界が今度どのように変わっていくのか、怖くもあり、また楽しみでもあります。

公的機関・リンク集

厚生労働省及び米国関連

厚生労働省
同省リンク集(厚生労働省HP内)
(国会、官公庁、首相官邸、社会保険庁、施設等機関(国立)、関連団体・研究班など)
医薬品医療機器総合機構(PMDA)

FDA(米国食品医薬品局)(添付文書など)
RxList(米国処方薬集);日本の添付文書集よりはるかに情報量が多い

薬剤師会、薬学部・薬科大学

日本薬剤師会
日本病院薬剤師会
全国の薬剤師会リスト
全国の薬学部・薬科大学リスト(薬学部・薬系大学のすべてを網羅)
 上記2つは、「豊見雅文のホームページ」より

医師会、歯科医師会、及び看護協会

日本医師会
日本歯科医師会
日本看護協会

製薬企業、卸業

日本製薬団体連合会(日薬連)
日本製薬工業協会(製薬協)
東京医薬品工業協会(東薬工)
大阪医薬品協会(大薬協)
日本ジェネリック製薬協会
日本OTC医薬品協会
日本医薬品卸業連合会

出版社

日本医書出版協会
日本書籍出版協会
日本雑誌協会
日本雑誌協会 日本書籍出版協会 50年史《Web版》

新聞社(+通信社、放送局など)

(社)日本新聞協会
〈メディアリンク〉から、新聞社、通信社、放送局などの一覧へ

日本経済新聞朝日新聞読売新聞毎日新聞産経新聞日刊工業新聞

ネットサーフィンする前にきちんと検索を

www.harano.net(原野守弘さん)
おくすり110番
ミクスOnline
MR-NET(MR:医薬情報担当者のためのポータルサイト)
健康・医療/All About APAN(リクルート・アバウトドットコム・ジャパン)
各分野別にそれぞれ詳しい人(ガイド)を集め、得意分野について「リンク集」を作ってもらっています。「なんでほしい情報がすぐみつからないの?」「なんで関係ない検索結果が出るの?」そんな不満を感じることはもうないでしょう。

循環器疫学サイト
日本人の循環器疾患の実態を知るために

日経メディカル オンライン
m3.com
CiNii(サイニイ)/国立情報学研究所、日本国内の論文・雑誌記事を検索

薬事日報社、HeadlineNEWS
株式会社じほう、医薬品・医療業界ニュースHeadLine
RISFAXヘッドライン無料メール(医薬経済社)

医薬品情報をゲット
豊見雅文のホームページ

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

サリドマイド事件(参考文献一覧)

サリドマイド事件(参考文献一覧) 以下にて、参考とした資料を示す。(ほぼ年代順) なお、ごく一部、本文で引用していない資料を含んでいる。 Florence A.L.(1960): Is thalido …

no image

日本にもサリドマイド児・梶井正博士(読売新聞スクープ)

日本国内で、サリドマイド児の存在を初めて明らかにしたのは、梶井正博士(北大小児科講師)である。 そのことを伝える新聞記事が出た後、大日本製薬(株)は、やっとサリドマイド製剤の販売中止及び回収を決定(1 …

no image

サリドマイド被害者のための福祉センター「いしずえ」

全国の中学校で、2012年4月から、医薬品の正しい使い方を教える「くすり教育」が完全義務化されています。 サリドマイド被害者のための福祉センター「公益財団法人いしずえ」では、薬害防止の観点から、厚生労 …

no image

化学の小窓、有機って面白いよね

一般社団法人 日本化学工業協会 日本化学工業協会(日化協)は、化学品の製造・取り扱いおよびその関連事業を行う約180の企業会員と約80の団体会員(個別製品または製品群を扱う団体が主体)から成る日本有数 …

no image

サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には相関関係がある

疫学研究によれば、サリドマイド胎芽病は、サリドマイドが販売された場所(国)と時間(期間)でのみ発生している。サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には、少なくとも相関関係があることは間違い …