日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

病気について考える

投稿日:

MSDマニュアル」(旧メルクマニュアル:The Merck Manual of Diagnosis and Therapy)
旧版説明:原著メルクマニュアル「診断と治療」(専門家向け)は、世界で最も広く利用されている医学書の一つであり、各国語に翻訳されている。またメルクマニュアルには、一般向けの「家庭版」もあり、専門家向け共々日本語版が提供されている/万有製薬株式会社提供(日本語版)⇒ MSD株式会社(2010年10月より)

インフルエンザ

インフルエンザの基礎知識/厚生労働省
 新型インフルエンザに関するQ&A
感染症疫学センター/国立感染症研究所
 インフルエンザ
インフルエンザ情報サービス/企画:中外製薬株式会社
MLインフルエンザ流行前線情報DB
迅速診断キットの診断結果をML(メーリングリスト)で毎週集積。なお、MLには 個々人が私的な立場で参加しており、国立感染症研究所など特定の組織に関係するものではない。

そのほか

東京都の耳鼻科医による花粉症のページ
動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2017年版の改定ポイント)/日本動脈硬化学会
NHK健康チャンネル

緩和ケアを考える会・広島(会長・本家好文さん、松本明子さん)
さすらいの癌治療医 平岩正樹医師など

インフルエンザで3日間寝込んだことがある(団塊の世代一代記)Akimasa Net
熱中症|高校生の夏、日射病に倒れた(団塊の世代一代記)Akimasa Net

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

サリドマイドの復権 ― サレドカプセル(日本の場合)

このページの目次ですサリドマイドの復権(”悪魔の薬”から”福音の薬”へ)米国FDA、サリドマイドを承認(1998年)エイズ対策が目的だった副作用防止のた …

no image

日本にもサリドマイド児・梶井正博士(読売新聞スクープ)

日本国内で、サリドマイド児の存在を初めて明らかにしたのは、梶井正博士(北大小児科講師)である。 そのことを伝える新聞記事が出た後、大日本製薬(株)は、やっとサリドマイド製剤の販売中止及び回収を決定(1 …

no image

コラルジル中毒症

Akimasa Net >> 日本の薬害・公害 ある医薬情報担当者の半生 『塩野義製薬MR生活42年』 www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00WF44WIA/ 2015年4月19日 …

no image

サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には相関関係がある

疫学研究によれば、サリドマイド胎芽病は、サリドマイドが販売された場所(国)と時間(期間)でのみ発生している。サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には、少なくとも相関関係があることは間違い …

no image

薬害スモン(SMON)

このページの目次です薬害スモン(SMON)とはスモンの臨床症状参考URL参考図書 薬害スモン(SMON)とは 薬害スモンとは、整腸剤キノホルムを服用することによって、神経障害患者が多数発生した事件のこ …