日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

病気について考える

投稿日:

MSDマニュアル」(旧メルクマニュアル:The Merck Manual of Diagnosis and Therapy)
旧版説明:原著メルクマニュアル「診断と治療」(専門家向け)は、世界で最も広く利用されている医学書の一つであり、各国語に翻訳されている。またメルクマニュアルには、一般向けの「家庭版」もあり、専門家向け共々日本語版が提供されている/万有製薬株式会社提供(日本語版)⇒ MSD株式会社(2010年10月より)

インフルエンザ

インフルエンザの基礎知識/厚生労働省
 新型インフルエンザに関するQ&A
感染症疫学センター/国立感染症研究所
 インフルエンザ
インフルエンザ情報サービス/企画:中外製薬株式会社
MLインフルエンザ流行前線情報DB
迅速診断キットの診断結果をML(メーリングリスト)で毎週集積。なお、MLには 個々人が私的な立場で参加しており、国立感染症研究所など特定の組織に関係するものではない。

そのほか

東京都の耳鼻科医による花粉症のページ
動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2017年版の改定ポイント)/日本動脈硬化学会
NHK健康チャンネル

緩和ケアを考える会・広島(会長・本家好文さん、松本明子さん)
さすらいの癌治療医 平岩正樹医師など

インフルエンザで3日間寝込んだことがある(団塊の世代一代記)Akimasa Net
熱中症|高校生の夏、日射病に倒れた(団塊の世代一代記)Akimasa Net

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

あなたは自分が今、どんな薬をのんでいるか知っていますか

ゲット・ジ・アンサーズ運動(Get The Answers) 日本薬剤師会より ~知っていれば安心、薬のこと~ 薬剤師に、どんどん質問してください。 そして、どんどん答えてもらってください。 1.この …

no image

化学の小窓、有機って面白いよね

一般社団法人 日本化学工業協会 日本化学工業協会(日化協)は、化学品の製造・取り扱いおよびその関連事業を行う約180の企業会員と約80の団体会員(個別製品または製品群を扱う団体が主体)から成る日本有数 …

no image

サリドマイド販売量を縮刷版20万ページ分のサリドマイド広告スペースで分析してみたら

日本の医薬品は、100%広告の力で売れている? 中森黎悟さん(サリドマイド児の父親)は、ある時偶然に、「医薬品は、外国では75%、日本では100%までが、広告の力で売れている」という趣旨の文章を目にし …

no image

サリドマイド被害者のための福祉センター「いしずえ」

全国の中学校で、2012年4月から、医薬品の正しい使い方を教える「くすり教育」が完全義務化されています。 サリドマイド被害者のための福祉センター「公益財団法人いしずえ」では、薬害防止の観点から、厚生労 …

no image

サリドマイド事件(年表)

サリドマイドの誕生 1954年5月、コンテルガン特許出願(西ドイツ) 1956年11月、イソミン特許出願(日本) 1957年3月ごろ、臨床試験開始(イソミン) 8月16日、製造販売許可申請(イソミン) …