日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

化学の小窓、有機って面白いよね

投稿日:

一般社団法人 日本化学工業協会
日本化学工業協会(日化協)は、化学品の製造・取り扱いおよびその関連事業を行う約180の企業会員と約80の団体会員(個別製品または製品群を扱う団体が主体)から成る日本有数の業界団体として、ICCA(国際化学工業協会協議会)に加盟し、世界各国の化学工業団体とともに、化学工業の健全な発展に努めています。

Chem Station
化学系のための総合情報サイトです。化学を学ぶ方にとってのポータルサイトをめざしています。

生活環境化学の部屋
環境問題や身近な現象を化学の視点から考えていくページです。
企画・運営、本間善夫さん(新潟県新潟市在住)

おもしろ有機化学ワールド
このページは、有機化学のおもしろさを広く知っていただくために、発信しています。「有機化学」というと、カメノコがいっぱいでてきて難しくていやだなと敬遠しているあなたも、これからいっちょ有機化学を勉強してみようかなというあなたも、有機化学が夜も眠れぬほど大好きなあなたも、どうかおもしろ有機化学ワールドをお楽しみください。有機化学の世界は、深く、おもしろく、さまざまな話題が満載です。

化学考
有機化合物命名法(IUPACとCASの化合物命名法)など有益な化学系Webへのリンクが豊富です。

2005.02.22(火)初出

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

水俣病

水俣学 熊本日日新聞2005年1月1日朝刊によれば、「水俣学センター(仮称)」を、熊本学園大学(本部・熊本市)が水俣市に4月開設予定という。「水俣〈学〉」 とは、原田正純(熊本学園大学・社会福祉学部) …

no image

サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には相関関係がある

疫学研究によれば、サリドマイド胎芽病は、サリドマイドが販売された場所(国)と時間(期間)でのみ発生している。サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には、少なくとも相関関係があることは間違い …

no image

私の薬リンク集

Akimasa Net(1999年にその前身を開設)の初期の目的は、この「私の薬リンク集」をホームページ上にアップすることでした。 しかしながら、インターネットの世界の激しい変化について行きながら、リ …

no image

サリドマイド事件(回避できたはずの症例、生まれたはずの症例)

レンツ警告後の患者数は、日本が世界で一番多い 胎児(胎芽)がサリドマイドの影響を受けてから生まれるまで、最大で約8か月である。そこでもし仮に、サリドマイドの全面回収が、レンツ警告(1961年11月)が …

no image

薬害とは何か

薬害根絶フォーラム(2012広島大会)をきっかけに、「薬害とは何か」について、自分なりにまとめてみました。 薬害根絶フォーラム(2012広島大会) 2012年11月24日(土)13:30~ 集会:第1 …