ARB(レニン・アンジオテンシン系)

レニン-アンジオテンシン(RAAS系:昇圧システム)

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System, RAAS)

1)レニン

レニン・アンジオテンシン系は、血圧を上昇・維持して生体の機能を維持するために働いている。

そこで、血圧低下や交感神経興奮、あるいは血漿ナトリウム低下に伴う循環血液量の低下が起こると、腎臓(糸球体輸入血管壁)の傍糸球体細胞からレニン(タンパク質分解酵素)が血中に分泌される。

2)アンジオテンシノーゲン⇒アンジオテンシンⅠ

腎臓から分泌されたレニンは、主に肝臓で作られるアンジオテンシノーゲンをアンジオテンシンⅠに作り替える。

3)アンジオテンシンⅠ⇒アンジオテンシンⅡ

血中から肺循環に入ったアンジオテンシンⅠは、主に肺の血管内皮表面に存在するアンジオテンシン変換酵素(ACE)の作用を受けて、活性型のアンジオテンシンⅡに変化する。

4)AT1受容体

アンジオテンシンⅡは、血管平滑筋に存在するAT1受容体と結合することによって、強力な末梢血管収縮作用を発揮する。その結果、血圧は上昇する。

5)アルドステロン

アンジオテンシンⅡは、副腎皮質から糖質グルココルチコイドであるアルドステロンの分泌を促進する。

「アルドステロンは、主に腎臓の遠位尿細管でナトリウム(Na)を再吸収することで水分を貯留し、血圧を高めて維持する働き」がある。(児島2017,p.30)

ARB

ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬:Angiotensin Ⅱ Receptor Blocker)

ARBの作用機序

ARBは、強力な昇圧物質であるアンジオテンシンⅡがアンジオテンシンⅡ1受容体(AT1受容体)に結合することを阻害する。その結果、降圧作用を示す。

医薬品各種

ニューロタン(一般名:ロサルタン)

高血圧症
高血圧及び蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症

プレミネント配合⇔ロサルタン/ヒドロクロロチアジド(ロサルヒド)

ブロプレス(一般名:カンデサルタン)

高血圧症
腎実質性高血圧症
下記の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤の投与が適切でない場合
 慢性心不全(軽症〜中等症)、ブロプレス12mg錠を除く
⇒ACE阻害薬の空咳を想定している

エカード配合錠LD・HD⇔カンデサルタン4mg・8mg/ヒドロクロロチアジド6.25mg(カデチア)
ユニシア配合錠LD・HD⇔カンデサルタン8mg/アムロジピン2.5mg・5mg(カムシア)

ディオバン(一般名:バルサルタン)

高血圧症

コディオ配合錠MD・EX⇔バルサルタン80mg/ヒドロクロロチアジド6.25mg・12.5mg(バルヒディオ)
エックスフォージ配合錠⇔バルサルタン80mg/アムロジピン5mg(アムバロ)
アテディオ配合錠⇔バルサルタン80mg/シルニジピン10mg

オルメテック(一般名:オルメサルタン)

高血圧症

レザルタス配合錠LD・HD⇔オルメサルタン10mg/アゼルニジピン8mg・16mg

ミカルディス(一般名:テルミサルタン)

高血圧症

ミコンビ配合錠AP・BP⇔テルミサルタン40mg・80mg/ヒドロクロロチアジド12.5mg(テルチア)
ミカムロ配合錠AP・BP⇔テルミサルタン40mg・80mg/アムロジピン5mg(テラムロ)
ミカトリオ配合錠⇔テルミサルタン80mg/アムロジピン5mg/ヒドロクロロチアジド12.5mg

イルベタン、アバプロ(一般名:イルベサルタン)

高血圧症

イルトラ配合錠LD・HD⇔イルベサルタン100mg・200mg/トリクロルメチアジド1mg
アイミクス配合錠LD・HD⇔イルベサルタン100mg/アムロジピン5mg・10mg(イルアミクス)

アジルバ(一般名:アジルサルタン)

高血圧症

ザクラス配合錠LD・HD⇔アジルサルタン20mg/アムロジピン2.5mg・5mg

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第3版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか
加筆修正⇒2019年10月12日(第3版発行)

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)
2019年10月12日(第3版発行)

本書は、『サリドマイド胎芽症診療ガイド2017』で参考書籍の一つに挙げられています。

Web管理人

山本明正(やまもと・あきまさ)

1970年3月(昭和45)徳島大学薬学部卒(薬剤師)
1970年4月(昭和45)塩野義製薬株式会社 入社
2012年1月(平成24)定年後再雇用満期4年で退職
2012年2月(平成24)保険薬局薬剤師(フルタイム)
2019年5月(令和1)現在、保険薬局薬剤師(パートタイム)