医療用医薬品

利尿薬(サイアザイド系とループ利尿薬)

利尿薬(サイアザイド系とループ利尿薬)は、「腎臓でのNa再吸収を阻害することで、Naや水の排出を促進する作用」がある。それによって、循環血液量を減らし血圧を低下させる。(児島2017,p.38)

医療用医薬品

β遮断薬(αβ遮断薬、α遮断薬を含む)の作用機序

β遮断薬(αβ遮断薬、α遮断薬を含む)は、「心拍出量の低下,レニン産生の抑制,中枢での交感神経抑制作用などによって降圧する」。(高血圧治療ガイドライン2014:JSH2014,p.52) ...

医療用医薬品

フィブラート系薬物

フィブラート系薬物は、脂質異常症の治療薬であり、核内受容体PPARαに作用して脂質代謝を改善する。

フィブラート系薬物は、「肝臓で核内受容体PPARα(eroxisome proliferator-act ...

医療用医薬品

クレストールの発売(2005年)

「抗生物質のシオノギ」の凋落を救ったのは、クレストール(一般名:ロスバスタチン)です。クレストールは、1991年(平成3)、シオノギ製薬が創製したHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)、すなわち脂質異 ...

医療用医薬品

HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)

スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)は、脂質異常症(高脂血症)の治療薬であり、血中のLDLコレステロール濃度を強力に低下させる作用を持っている。

大規模臨床試験の結果、スタチン投 ...

医療用医薬品

気管支喘息患者の気道は慢性炎症を起こしている

気管支喘息の基本病態は、気道の慢性的な炎症である。

炎症のある気道はとても敏感になっており、ホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも気道が狭くなってしまう。そこに粘度の高い ...

医療用医薬品

去痰薬ムコダイン(一般名:L-カルボシステイン)

ムコダインは、痰や鼻水のねばつき(粘度)を減らす薬物(気道粘液調整薬)である。

喉や鼻の粘膜は常に粘液を出しており、細菌やウイルスなどの外敵を捕らえて体内への侵入を防いでいる ...

医療用医薬品

咳のことを咳嗽(がいそう)という。気管やのどの表面が刺激されると反射的に起きる症状のことである。

例えば、乾いた空気や冷たい空気を吸い込んだりして咳が出ることもあれば、気道に炎症があってその刺激で咳が出たり、喀痰などを早く ...

医療用医薬品

貧血とは

貧血とは、血液中のヘモグロビン濃度が減少している状態と定義される。そしてそのことによって、全身の組織・細胞に酸素が十分に供給できない状態になる。

「貧血の代表的な症状は、階段を登るなどのちょっとした運動で息切れや疲 ...

医療用医薬品

インフルエンザ異常行動の傾向と対策インフルエンザ異常行動は、タミフル服用に関係なく発生しているインフルエンザ患者の異常行動はタミフル服用の有無にかかわらず発生している
タミフルを服用しなかった患者でも発生している
タミフルを服用 ...