医療用医薬品

レニン-アンジオテンシン(RAAS系:昇圧システム)

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System, RAAS)

1)レニン

レニン・アンジ ...

医療用医薬品

レニン-アンジオテンシン(RAAS系:昇圧システム)

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System, RAAS)

1)レニン

レニン・アンジ ...

医療用医薬品

レニン-アンジオテンシン(RAAS系:昇圧システム)

レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System, RAAS)

1)レニン

レニン・アンジ ...

医療用医薬品

降圧薬

ACE阻害薬(レニン・アンジオテンシン系)
ARB(レニン・アンジオテンシン系)
アルドステロン拮抗薬/カリウム保持性利尿薬

解熱鎮痛薬

急性腰痛にはNSAIDs(ロキソニン ...

医療用医薬品

抗血栓薬(血液をさらさらにする薬)は、血管内で血栓ができにくくする性質を持っている。主として心筋梗塞や脳梗塞の予防を目的として使用される薬物である。

抗血栓薬(血液をさらさらにする薬)は、抗凝固薬と抗血小板薬の二つに大別さ ...

医療用医薬品

PL配合顆粒(総合感冒薬:風邪薬)アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬)150mg
無水カフェイン(ねむけ、倦怠感、血管拡張性及び脳圧亢進性頭痛)60mg
サリチルアミド(解熱鎮痛薬、非ステロイド性抗炎症薬)270mg
プロメタ ...

医療用医薬品

アスピリンの作用機序

アスピリンは1897年にドイツで開発された歴史的なNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)である。その作用機序を以下にまとめた。なお、アスピリンの多様な作用機序の全容は未だ解明し尽くされていない。

アラキドン酸 ...

医療用医薬品

カロナールは、やさしめの解熱・鎮痛薬

カロナール(一般名:アセトアミノフェン)は、NSAIDs(ロキソニンなど)と同じく熱や痛みを和らげる解熱鎮痛薬である。

ただし、カロナールの鎮痛作用はNSAIDs(ロキソニンなど)よりも ...

医療用医薬品

急性の腰痛や座骨神経痛に対する治療薬としては、ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)などの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が推奨度No.1(「腰痛診療ガイドライン2019」p.34)となっている。

注)NSAIDs: ...

医療用医薬品

抗血栓薬(血液をさらさらにする薬)は、血管内で血栓ができにくくする性質を持っている。主として心筋梗塞や脳梗塞の予防を目的として使用される薬物である。

抗血栓薬(血液をさらさらにする薬)は、抗凝固薬と抗血小板薬の二つに大別さ ...