アスピリンとアスピリン喘息(NSAIDs過敏症)

2019年11月11日

アスピリンの作用機序

アスピリンは1897年にドイツで開発された歴史的なNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)である。その作用機序を以下にまとめた。なお、アスピリンの多様な作用機序の全容は未だ解明し尽くされていない。

アラキドン酸カスケード

組織が刺激(損傷)を受けると、酵素ホスホリパーゼA2によって細胞膜リン脂質からアラキドン酸が遊離される。そして、そこからさらに各種の化学伝達物質(ケミカルメディエーター)が合成されていく。いわゆるアラキドン酸カスケードであり、その経路には三つある。

  1. シクロオキシゲナーゼ経路
    アラキドン酸から、酵素シクロオキシゲナーゼによって各種のプロスタグランジン(PG)やトロンボキサン(TXA2)が合成される。
  2. リポキシゲナーゼ経路
    アラキドン酸から、酵素リポキシナーゼによってロイコトリエン(LT)などが合成される。
  3. チトクローム経路
    アラキドン酸から、チトクロームP450(CYP)によりエポキシエイコサトリエン酸などが合成される。

以下、アスピリン「バイエル」インタビューフォームより。

(1)解熱作用
視床下部の体温調節中枢に作用して,末梢血管を拡張し,血流量を増加させて,熱放散を高めることにより解熱する.
(2)鎮痛作用
痛覚などの知覚系通路のシナプスの感受性を低下させ,また,プロスタグランジン(PG)の合成阻害により,鎮痛効果をあらわす.
(3)消炎作用
炎症におけるPGの合成過程において,アラキドン酸からのPGE2などの生成を阻害することにより,抗炎症作用をあらわす.
(4)血小板凝集抑制作用
アスピリンはシクロオキシゲナーゼ-1(COX-1)を阻害(セリン残基のアセチル化)することにより,トロンボキサンA2(TXA2)の合成を阻害し,血小板凝集抑制作用を示す.血小板におけるCOX-1阻害作用は,血小板が本酵素を再合成できないため,不可逆的である.

アスピリン喘息とはNSAIDs過敏症のことである

アスピリン喘息とは、アスピリン(一般名:アセチルサリチル酸)をはじめとする解熱鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬:NSAIDs)を服用したとき引き起こされる喘息のことを言う。

つまり、アスピリン喘息の原因となる薬物はアスピリンだけとは限らず、全ての解熱鎮痛薬で注意が必要である。注)NSAIDsとは区別して分類されることの多いカロナールも、添付文書上は「禁忌」に指定されている。

アスピリン喘息は、身体機能の維持に関与しているCOX1(プロスタグランジン合成酵素の一つ)を阻害することによって発現する過敏症と考えられている。

したがって、COX1阻害作用の少ないカロナール、セレコックスやソランタールは、ほぼ安全に使用することができる。ただし、いずれも添付文書上は「禁忌」に指定されており、安易な使用は控えるべきである。

非ステロイド性抗炎症薬による喘息発作(厚生労働省)

参考資料:
『重篤副作用疾患別対応マニュアル』厚生労働省
「非ステロイド性抗炎症薬による喘息発作」(アスピリン喘息、解熱鎮痛薬喘息、アスピリン不耐喘息、鎮痛剤喘息症候群)
https://www.pmda.go.jp/files/000143599.pdf

アスピリン喘息の臨床症状

「息をするときゼーゼー、ヒューヒュー鳴る」、「息苦しい」

(アスピリン喘息の)症状は特徴的であり、典型的な発作では、原因となる医薬品を服用して短時間で、鼻水・鼻づまりが起こり、次に咳、喘鳴(ぜんめい:ゼーゼーやヒューヒュー)、呼吸困難が出現し、徐々にあるいは急速に悪化します。意識がなくなったり、窒息したりする危険性もあり、時に顔面の紅潮や吐気、腹痛、下痢などを伴います。軽症例で半日程度、重症例で24時間以上続くこともありますが、合併症を起こさない限り、原因となった医薬品が体内から消失すれば症状はなくなります。p.6

「アスピリン喘息患者には、アラキドン酸代謝経路上あるいはアラキドン酸代謝産物が関わる生体反応に何らかの異常があり、それがNSAIDsによるCOX阻害(おそらくCOX-1阻害)で顕在化し、過敏反応として現れてくるものと考えられる」p.9

「アスピリン喘息はやや女性に多く、ほとんどが20歳代後半から50歳代前半に発症する。小児喘息の既往を持つ者は少ない。慢性鼻炎を持つ者が84%を占め、しかも鼻症状の重いものが多いとされ、また鼻茸(鼻ポリープ)は72%の患者にみられる」p.11

NSAIDs過敏(アスピリン喘息)の診断手順

NSAIDsに関係したと思われる喘息発作の判別(鑑別):以下の4点を満たせばNSAIDs過敏(アスピリン喘息)と確定してよい」p.15

  1. COX-1阻害作用をもつNSAIDs投与後の喘息発作
  2. 鼻症状(鼻閉、鼻汁)悪化を伴う
  3. 中発作以上の喘息発作である
  4. NSAIDs 投与から 1~2 時間以内に発作が始まっている(ただし貼付薬と塗布薬は除く)

アスピリン喘息で鼻詰まりが起こる理由

アラキドン酸の代謝経路では二つの経路がバランスを取り合っている。

ここで、NSAIDsによってシクロオキシゲナーゼ経路が阻害されてプロスタグランジンの量が減ると、逆にリポキシゲナーゼ経路に代謝が偏ってしまいロイコトリエンが増加する。その結果、ロイコトリエンによるアレルギー反応、つまり喘息発作や鼻詰まりを引き起こすことになる。

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第3版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか
加筆修正⇒2019年10月12日(第3版発行)

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)
2019年10月12日(第3版発行)

本書は、『サリドマイド胎芽症診療ガイド2017』で参考書籍の一つに挙げられています。

Web管理人

山本明正(やまもと・あきまさ)

1970年3月(昭和45)徳島大学薬学部卒(薬剤師)
1970年4月(昭和45)塩野義製薬株式会社 入社
2012年1月(平成24)定年後再雇用満期4年で退職
2012年2月(平成24)保険薬局薬剤師(フルタイム)
2019年5月(令和1)現在、保険薬局薬剤師(パートタイム)