BG薬(ビグアナイド薬)インスリン抵抗性改善

2020年2月17日

ビグアナイド薬はインスリン抵抗性改善薬である

ビグアナイド薬は、インスリン抵抗性改善薬である

「ビグアナイド薬はインスリン抵抗性改善薬として、肝臓からのブドウ糖放出の抑制および筋肉を中心とした末梢組織でのインスリン感受性を高める作用を有している。SU薬やチアゾリジン薬と同等あるいはそれ以上の血糖降下作用を示すが、単剤では低血糖を起こしにくく、また体重も増えにくいという利点がある」。(糖尿病診療ガイドライン2019,p.72)

「主に肝臓での糖新生を抑制する。高齢者では肝・腎機能を確認し、慎重投与する」。(今日の治療薬2020,p.381)

欧米での第一選択薬になっている

「メトホルミンには肥満2型糖尿病患者に対する大血管症抑制のエビデンスがあり経済性にも優れるため、欧米の主要なガイドラインの第一選択薬として推奨されている」。(同上,p.72)

つまり、「2型糖尿病の診断と同時または診断後早期に、有効性、安全性、費用対効果の面からビグアナイド薬のメトホルミンを第一選択薬として開始することを推奨している」。(同上,p.70)

ただし、「2型糖尿病の病態やライフスタイルが異なる日本では、第一選択薬を特に指定せず、病態に応じた薬剤選択を推奨している」。(同上,p.70)

乳酸アシドーシス(eGFRの値によって最高用量の目安が異なる)

乳酸アシドーシスとは、肝臓における糖の生成抑制効果が強く出過ぎて、体内の乳酸濃度が高くなり過ぎた状態を指す。その結果、血液は酸性に傾く。

症状としては、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、倦怠感、けいれんなどが起こる。さらに症状が進行すると、過呼吸、脱水、低血圧、昏睡状態などの重篤な症状を引き起こす。そして死に至ることもある。

「BG類はフェンホルミンで乳酸アシドーシスの副作用により死者が出たことから1970年代以後使用されなくなっていたが、2000年以降メトホルミンのインスリン抵抗性改善作用が注目され、復権を果たした」。(今日の治療薬2019,p.363)

医薬品各種(ビグアナイド薬)

メトグルコ(一般名:メトホルミン)

インスリン抵抗性改善作用が強く、SU薬に比べて低血糖を起こしにくい。

ビグアナイド薬の中では、乳酸アシドーシスを起こす率は低いものの、「まれに乳酸アシドーシスが起こる危険があるため、全身状態が悪い患者には投与しないことを大前提」とする。(糖尿病診療ガイドライン2019,pp.72-73)

「eGFRが30(mL/分/1.73m2)未満の場合や、脱水、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐などの胃腸障害のある患者、過度のアルコール摂取の患者、高度の心血管・肺機能障害がある患者、外科手術後の患者への投与は禁忌とされている」。(同上)

メトホルミン最高用量の目安(2019年6月添付文書改訂)

「中等度の腎機能障害のある患者(eGFR 30mL/min/1.73m2以上60mL/min/1.73m2未満)では、メトホルミンの血中濃度が上昇し、乳酸アシドーシスの発現リスクが高くなる可能性がある」。(メトグルコ添付文書)

推算糸球体濾過量(eGFR)(mL/min/1.73m2)⇒ 1日最高投与量の目安
45≦eGFR<60 ⇒ 1,500mg
30≦eGFR<45 ⇒ 750mg

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第3版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか
加筆修正⇒2019年10月12日(第3版発行)

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)
2019年10月12日(第3版発行)

本書は、『サリドマイド胎芽症診療ガイド2017』で参考書籍の一つに挙げられています。

Web管理人

山本明正(やまもと・あきまさ)

1970年3月(昭和45)徳島大学薬学部卒(薬剤師)
1970年4月(昭和45)塩野義製薬株式会社 入社
2012年1月(平成24)定年後再雇用満期4年で退職
2012年2月(平成24)保険薬局薬剤師(フルタイム)
2019年5月(令和1)現在、保険薬局薬剤師(パートタイム)