そのほかの攻撃因子抑制薬(チアトンなど/PPI、H2ブロッカーを除く)

2020年11月17日

高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)

厚生労働省「高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)」2018年5月

別表1.高齢者で汎用される薬剤の基本的な留意点(抗コリン薬)

高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015に列挙されている抗コリン作用のある薬剤、Anticholinergic risk scale にstrongとして列挙されている薬剤およびBeers criteria 2015のDrugs with  Strong Anticholinergic Propertiesに列挙されている薬剤のうち日本国内で使用可能な薬剤に限定して作成。

  • 抗コリン作用を有する薬物のリストとして表にまとめた。
    列挙されている薬剤が投与されている場合は中止・減量を考慮することが望ましい。
  • 抗コリン系薬剤の多くは急な中止により離脱症状が発現するリスクがあることにも留意する。
  • 抗コリン作用を有する薬剤は、口渇、便秘の他に中枢神経系への有害事象として認知機能低下やせん妄などを引き起こすことがあるので注意が必要である。
  • 認知機能障害の発現に関しては、ベースラインの認知機能、電解質異常や合併症、さらには併用薬の影響など複数の要因が関係するが、特に抗コリン作用は単独の薬剤の作用ではなく服用薬剤の総コリン負荷が重要とされ、有害事象のリスクを示す指標としてAnticholi-nergic risk scale(ARS)などが用いられることがある。

【腸管鎮痙薬】

  • アトロピン、ブチルスコポラミン[ブスコパン]など

医薬品各種(攻撃因子抑制薬)

チアトン(一般名:チキジウム)

選択的ムスカリン受容体拮抗薬:
「ムスカリン作用、腹痛に有効」。(今日の治療薬2020,p.771)

ブスコパン(一般名:ブチルスコポラミン)

四級アンモニウム塩(合成抗コリン薬):
「鎮痙・消化管運動抑制・胃液分泌抑制・膀胱内圧上昇抑制作用」。(今日の治療薬2020,p.771)

抗コリン作用リスクスケール(実践薬学2017,p.115)にはリストアップされていない。
しかしながら、添付文書の【禁忌(次の患者には投与しないこと)】では、強い抗コリン作用があることを示している。

コリオパン(一般名:ブトロピウム)

四級アンモニウム塩(合成抗コリン薬):
「アセチルコリン受容体に作用し、腹部平滑筋の運動を抑制」。(今日の治療薬2020,p.772)

ロートエキス(一般名:ロートエキス)

ベラドンナアルカロイド::
「抗コリン作用、軽度の局所麻酔作用」。(今日の治療薬2020,p.773)

抗コリン作用リスクスケール、3点。(実践薬学2017,p.115)

硫酸アトロピン(一般名:アトロピン)

ベラドンナアルカロイド:
「抗コリン作用」。(今日の治療薬2020,p.773)

抗コリン作用リスクスケール、3点。(実践薬学2017,p.115)

重曹(一般名:炭酸水素ナトリウム)

制酸剤::
「薬効は速効性で、発生するCO2が胃粘膜を刺激して胃酸分泌促進」。(今日の治療薬2020,p.773)

炭カル(一般名:沈降炭酸カルシウム)

制酸剤:
「吸着・制酸作用」。(今日の治療薬2020,p.773)

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第4版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか(図表も入っています)

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)
2019年10月12日(第3版発行)
2020年05月20日(第4版発行)

本書は、『サリドマイド胎芽症診療ガイド2017』で参考書籍の一つに挙げられています。

Web管理人

山本明正(やまもと・あきまさ)

1970年3月(昭和45)徳島大学薬学部卒(薬剤師)
1970年4月(昭和45)塩野義製薬株式会社 入社
2012年1月(平成24)定年後再雇用満期4年で退職
2012年2月(平成24)保険薬局薬剤師(フルタイム)
2020年4月(令和2)現在、保険薬局薬剤師(パートタイム)