日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

徳島大学薬学部70年史

投稿日:

大正12年04月09日
徳島高等工業学校 第1回入学式
土木工学科、機械工学科、応用化学科(製薬化学部)
大正15年04月07日
徳島高等工業学校応用化学科製薬化学部の指定

昭和19年04月01日
徳島工業専門学校製薬工業科と改められる
昭和24年05月31日
徳島大学工学部薬学科の設置(工業専門学校を包括)
昭和26年04月01日
徳島大学薬学部薬学科の設置(薬学部として独立)

昭和37年04月01日
製薬化学科増設(2学科となる)
昭和40年04月01日
大学院薬学研究科(修士過程)設置
昭和62年04月01日
大学院博士過程 設置

平成05年10月09日
薬学部創立70周年記念式典および記念講演会
(薬学部内、長井記念ホールにて)

藍(あい):
阿波徳島藩特産品、タデ科に属する1年生草本で、葉に青藍(Indigotin)を含み、古くから藍染料(Indigo)(あお)を得る目的で栽培されてきた。

出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ):
青は藍より出でて藍よりも青し

わが国唯一の工学系に端を発する国立大学薬学部です。
薬剤師養成のみならず創薬(新しい薬の開発)を目的としています。
長井長義博士の進言により設立されました。
(徳島出身、日本薬学界の租でエフェドリンの発見者として世界的に著名)

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

サリドマイドの誕生(西ドイツ&日本)

睡眠・鎮静剤「コンテルガン」(西ドイツ) サリドマイドは、最初、チバ製薬(スイス)でグルタミン酸誘導体として製造(1953年)された。しかし、薬理作用がないということで開発は中止されていた。(以下主と …

no image

英語情報と格闘する

PubMedで文献検索をしよう 「PubMed」でMEDLINEを使いこなそう MEDLINE 医薬文献検索/おくすり110番 おくすり110番をポータルサイトとして使用すると便利です。 PubMed …

no image

私の薬リンク集

Akimasa Net(1999年にその前身を開設)の初期の目的は、この「私の薬リンク集」をホームページ上にアップすることでした。 しかしながら、インターネットの世界の激しい変化について行きながら、リ …

no image

コラルジル中毒症

Akimasa Net >> 日本の薬害・公害 ある医薬情報担当者の半生 『塩野義製薬MR生活42年』 www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00WF44WIA/ 2015年4月19日 …

no image

レンツ警告(日本ではどう受け止められたのか)

レンツ警告、日本にも届く レンツ警告(1961年11月)後、欧州各国では直ちにサリドマイドの回収が行われた。1961年末までには回収作業は終了したものと思われる。これに対して、日本国内の動きは非常に緩 …