日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

徳島大学薬学部70年史

投稿日:

大正12年04月09日
徳島高等工業学校 第1回入学式
土木工学科、機械工学科、応用化学科(製薬化学部)
大正15年04月07日
徳島高等工業学校応用化学科製薬化学部の指定

昭和19年04月01日
徳島工業専門学校製薬工業科と改められる
昭和24年05月31日
徳島大学工学部薬学科の設置(工業専門学校を包括)
昭和26年04月01日
徳島大学薬学部薬学科の設置(薬学部として独立)

昭和37年04月01日
製薬化学科増設(2学科となる)
昭和40年04月01日
大学院薬学研究科(修士過程)設置
昭和62年04月01日
大学院博士過程 設置

平成05年10月09日
薬学部創立70周年記念式典および記念講演会
(薬学部内、長井記念ホールにて)

藍(あい):
阿波徳島藩特産品、タデ科に属する1年生草本で、葉に青藍(Indigotin)を含み、古くから藍染料(Indigo)(あお)を得る目的で栽培されてきた。

出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ):
青は藍より出でて藍よりも青し

わが国唯一の工学系に端を発する国立大学薬学部です。
薬剤師養成のみならず創薬(新しい薬の開発)を目的としています。
長井長義博士の進言により設立されました。
(徳島出身、日本薬学界の租でエフェドリンの発見者として世界的に著名)

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

レンツ警告(疫学の考え方、四分表(2✕2表)を理解する)

レンツ博士(当時:西ドイツ)は、奇形児の本格的な調査を開始してからわずか1週間で、サリドマイド製剤(コンテルガン)が怪しいという結論に達した。 しかしながら、この時、母親がコンテルガンを服用したことが …

no image

サリドマイド事件のあらまし(概要)

世界最大の薬害・サリドマイド事件をめぐっては、成書や裁判記録、あるいは組織のオフィシャルページにも、明らかな間違いや矛盾点、そして分かりにくい箇所が幾つも存在しています。 これが、個人の発信するインタ …

no image

サリドマイド販売量を縮刷版20万ページ分のサリドマイド広告スペースで分析してみたら

このページの目次です日本の医薬品は、100%広告の力で売れている?イソミンとプロバンMの新聞広告(掲載期間)イソミンとプロバンMの新聞広告量(経時的変化)プロバンMの広告は、実際にはいつまで出されたの …

no image

サリドマイドの復権 ― サレドカプセル(日本の場合)

このページの目次ですサリドマイドの復権(”悪魔の薬”から”福音の薬”へ)米国FDA、サリドマイドを承認(1998年)エイズ対策が目的だった副作用防止のた …

no image

イソミンとプロバンM/自主的に出荷中止(朝日新聞スクープ)

日本国内で、大日本製薬(株)がサリドマイド製剤の出荷中止(1962年5月)を決めた時、既にレンツ警告(1961年11月)から約半年が経過していた。 この出荷中止決定を伝えたのが、朝日新聞夕刊スクープで …