日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

徳島大学薬学部70年史

投稿日:

大正12年04月09日
徳島高等工業学校 第1回入学式
土木工学科、機械工学科、応用化学科(製薬化学部)
大正15年04月07日
徳島高等工業学校応用化学科製薬化学部の指定

昭和19年04月01日
徳島工業専門学校製薬工業科と改められる
昭和24年05月31日
徳島大学工学部薬学科の設置(工業専門学校を包括)
昭和26年04月01日
徳島大学薬学部薬学科の設置(薬学部として独立)

昭和37年04月01日
製薬化学科増設(2学科となる)
昭和40年04月01日
大学院薬学研究科(修士過程)設置
昭和62年04月01日
大学院博士過程 設置

平成05年10月09日
薬学部創立70周年記念式典および記念講演会
(薬学部内、長井記念ホールにて)

藍(あい):
阿波徳島藩特産品、タデ科に属する1年生草本で、葉に青藍(Indigotin)を含み、古くから藍染料(Indigo)(あお)を得る目的で栽培されてきた。

出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ):
青は藍より出でて藍よりも青し

わが国唯一の工学系に端を発する国立大学薬学部です。
薬剤師養成のみならず創薬(新しい薬の開発)を目的としています。
長井長義博士の進言により設立されました。
(徳島出身、日本薬学界の租でエフェドリンの発見者として世界的に著名)

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

病気について考える

「MSDマニュアル」(旧メルクマニュアル:The Merck Manual of Diagnosis and Therapy) 旧版説明:原著メルクマニュアル「診断と治療」(専門家向け)は、世界で最も …

no image

日本にもサリドマイド児・梶井正博士(読売新聞スクープ)

日本国内で、サリドマイド児の存在を初めて明らかにしたのは、梶井正博士(北大小児科講師)である。 そのことを伝える新聞記事が出た後、大日本製薬(株)は、やっとサリドマイド製剤の販売中止及び回収を決定(1 …

no image

レンツ警告(サリドマイドが奇形の原因である可能性が極めて高いと警告/1961年11月)

このページの目次ですレンツ警告とはサリドマイド児の父・レンツ博士レンツ博士、初めてフォコメリア患者を診察するレンツ博士、青年弁護士から相談を受ける(1961/6/22)レンツ博士、本格的な調査を開始す …

no image

レンツ警告(日本ではどう受け止められたのか)

このページの目次ですレンツ警告、日本にも届く大日本製薬(株)、イソミン販売中止せず厚生省、新たなサリドマイド製剤(ゾロ品)認可松永英(国立遺伝学研究所人類遺伝部長)の場合日本薬剤師会の場合はどうか レ …

no image

サリドマイド事件(回避できたはずの症例、生まれたはずの症例)

このページの目次ですレンツ警告後の患者数は、日本が世界で一番多い日本での回収作業は大幅に遅れた日本におけるサリドマイド胎芽症の出生頻度(梶井データ)日本におけるサリドマイド被害者数(いしずえデータ)サ …