そのほか

Child-Pugh分類:肝硬変の重症度分類

肝硬変は重症度に基づいて分類され、それに応じた治療法が決定される。Child-Pugh(チャイルド・ピュー)分類は、肝硬変の重症度を判断する指標となる。

Child-Pugh分類 ...

そのほか

「医療現場における薬物相互作用へのかかわり方ガイド」日本医療薬学会(2019年11月)

表:CYPの関与する基質、阻害薬、誘導薬の代表例(特に高齢者での使用が想定され注意が必要な薬物)p.45

薬物動態の変化を伴う薬物相互 ...

そのほか

医薬品各種(下痢止めなど)ロペミン(一般名:ロペラミド)

腸管運動抑制薬:
「止瀉作用。消化管輸送能抑制作用。腸管蠕動抑制作用」。(今日の治療薬2020,p.794)

抗コリン作用リスクスケール、2点。(実践薬学20 ...

そのほか

免疫(減感作)療法薬(概要)

「「減感作療法」は、アレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)をあえて投与することで特殊な免疫反応を起こし、アレルギー反応を弱めてしまうという治療方法ですが、詳しいメカニズムはまだ明らかになっていません」。( ...

そのほか

医薬品各種(血管拡張薬・肺高血圧症治療薬)オパルモン(一般名:リマプロスト)

プロスタグランジンE1製剤:

アデムパス(一般名:リオシグアト)

可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激薬:

リオシグアトは、CYP3A基質、P糖蛋白 ...

そのほか

高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)

厚生労働省「高齢者の医薬品適正使用の指針(総論編)」2018年5月

別表1.高齢者で汎用される薬剤の基本的な留意点(脂質異常症治療薬)

生活習慣の指導に重点を置きつつ薬物治療を考慮する必 ...

そのほか

医薬品各種(カリウム、経腸栄養剤など)塩化カリウム(一般名:塩化カリウム)

降圧利尿薬、副腎皮質ホルモン、強心配糖体などの連用時。
低K血症型周期性四肢麻痺、重症嘔吐などにおけるK補給、低Clアルカローシスなど。
(今日 ...

そのほか

シオノギ製薬と高血圧治療薬

シオノギ製薬の循環器病薬の一つにフルイトラン(一般名:トリクロルメチアジド)があります。チアジド系降圧利尿剤(サイアザイド系とも称される)で、その主な適応は、壮年期以降の高血圧症の大部分を占めるとされる本態性 ...

そのほか

多価不飽和脂肪酸(EPA製剤)脂質とは、加水分解して脂肪酸を生成するものをいう

「人間の身体になくてはならない栄養素のうち、エネルギー(カロリー)源となる「たんぱく質・脂質・炭水化物」を『エネルギー産生栄養素』と呼んでいます。以前は、三 ...

そのほか

2019年10月31日(木)
h3~/h3、ドットを入れる

/*H3見出し*/
.post h3{
border-bottom: 2px dotted #2b2b2b;/*文字色*/
bor ...

そのほか

わが国唯一の工学系に端を発する国立大学薬学部です。
薬剤師養成のみならず創薬(新しい薬の開発)を目的としています。
長井長義博士の進言により設立されました。
(徳島出身、日本薬学界の租でエフェドリンの発見者とし ...