サリドマイド事件

レンツ警告3/3(素早い回収こそ最善の策である)

投稿日:2018年6月10日 更新日:

グリュネンタール社(コンテルガン製造販売元)は、2012年8月31日(平成24)、初の謝罪声明を出した。事件発生から50年間、実は一度も謝罪したことがなかったのだそうである。

つまり、グリュネンタール社は、その当時から自身の責任を認めていたわけではない。それにもかかわらず、マスコミにリークされた結果とはいえ、「何はともあれ直ちに回収」を行った。そしてその結果、その後の被害発生を抑えることができた。

これに対して我が国では、有用な医薬品を回収すれば社会不安を起こす。今、動物実験を依頼しておりその結論を待っている。などとして、販売中止(回収)を先延ばしにした。そしてその結果、被害を拡大させることになった。

素早い回収こそ最善の策である

津田敏秀(岡山大学教授)は、サリドマイド事件に関して「疑わしきは直ちに回収」すべきであったとしている。

「「(誤って)回収する」場合の被害は主に経済的コストだけで済むが、「(誤って)回収しない」場合には経済的コストどころか人的被害が重くのしかかる」からである。(津田2003,p.86)

レンツの四分表(2×2表)をどう判断するか

サリドマイドと奇形との間に、因果関係が有るのか無いのかをはっきりさせるためには、調査結果を四分表(2×2表)にまとめて統計学的な分析をすることになる(症例対照研究)。

そしてその上で、必要に応じた素早い対応を取ることが求められる。

津田は、レンツ警告(四分表、2×2表)を用いて、「「科学的根拠に基づいた行政判断」について、学生に質問を投げかけることにしている」という。(津田2003,pp.83-87)

科学的根拠に基づいた行政判断を養う

あなたはこの表を見て、サリドマイドの回収命令を出しますか、それとも出しませんか。
注:レンツの四分表(2×2表)のこと

津田によれば、結果はほぼいつも決まっている。すなわち「回収命令を出す」という方に手を上げる学生が半数を超えることはほとんどなく、かといって、「回収命令を出さない」という方に手を上げる学生もほとんどいない。残りの多くの学生は、判断しかねて手を上げそびれる。

レンツの四分表(2×2表)は、「疫学調査とその統計学的な処理及び具体的な対策」について学ぶ絶好の材料となっている。

疑わしき薬剤を回収することは、メカニズムの解明よりも優先する

津田は、レンツの四分表(2×2表)を示しつつ、「これがレンツ警告というものである」(津田2003,p.87)としている。ただし厳密には、そこで示された四分表はレンツ警告(1961年11月15日)当時のものではない。

レンツが初めてグリュネンタール社へ電話をした時、レンツの手元には、自ら調査した21例中14症例しか確実な症例は集まっていなかった。もちろん、サリドマイド胎芽病そのものについては、まだ良く分かっていなかった。

つまり、レンツ警告では「コンテルガンが奇形の原因である」と断定しているわけではない。

これに対して、Wikipedia「サリドマイド」の「薬害サリドマイド禍」の項では、次のように述べている。(2018/06/17閲覧)

疫学調査(レンツ警告・1961年11月。ただしこの報告は疫学的因果関係のみでメカニズムは未解明)から先天異常「サリドマイド胎芽症」や胎児死亡といった催奇性と因果関係があるとされ、日本では1962年9月に販売停止と回収が行われた。

この段階で「メカニズムは未解明」であることには何の問題も無い。なぜならば、被害の拡大を防ぐためにまずやるべきことは、「疑わしきは直ちに「回収」すること」だからである。

レンツの偉大さは、極めて短時間のうちに少数例ながらも確実な症例を自ら集め、コンテルガンが一番疑わしいという結論に達したこと、そして、そのコンテルガンの回収を促す行動を起こしたことにある。

そうしたレンツ警告の意義を理解しなかった日本では、サリドマイド製剤の販売中止及び回収決定が、西欧諸国に比べて大幅に遅れてしまった。

病因物質の判明は、対策を取る際の必要条件ではない

水俣病の場合を振り返る

津田は、日本の四大公害病の一つである水俣病について詳しく研究している。

津田によれば、水俣病も食品衛生法で言うところの食中毒の一種である。その上で、食品衛生法による「病因物質(原因物質とは言わない)」、「原因食品」そして「原因施設」をはっきりと区別して考えることが大切としている。(津田2004,pp.45-72)

津田は、「病因物質の判明は対策を取る際の必要条件ではない」と繰り返し述べている。大切なのは、「原因食品」に対して素早い対策を取ることである。

水俣病の場合、初期対応として最も大切なことは、「原因食品」である「水俣湾産の魚介類」の摂食を直ちにやめることであった。ところが、原因物質の究明と称して「病因物質」である有機水銀の解明に時間をかけている間に、魚介類の摂食をやめるという簡便かつ確実な対策を取ることができず、被害を拡大してしまったのである。

サリドマイド事件の場合はどうか

サリドマイド事件の場合について、私なりに考えると次のようになるであろうか。

サリドマイド事件の場合、奇形の原因として「サリドマイド製剤を服用すること」が強く疑われた。したがって、まず何よりも先に、「原因食品」としてのサリドマイド製剤を直ちに全面回収すべきであった。

そしてその後で、この場合に「病因物質」と言ってよいのかどうか私にはよく分からないが、主成分のサリドマイドの薬理作用を改めて調べ直したり、場合によっては不純物が原因となったのかもしれないなどの検討をすべきであった。

いずれにせよ、回収の判断をするためと称して、動物実験の結果を待っている時間的余裕はなかった。

参考URL

-サリドマイド事件

関連記事

no image

サリドマイドの誕生(西ドイツ&日本)

このページの目次です睡眠・鎮静剤「コンテルガン」(西ドイツ)イソミン、製法特許を主張(日本)薬事審議会と事務局限りの包括協議についてイソミンは、包括協議第八項で処理されたイソミンの安全性・有効性につい …

no image

サリドマイド訴訟(因果関係・責任論・損害)

このページの目次ですサリドマイド裁判の過程で問題となった三点因果関係(サリドマイド胎芽病の原因はサリドマイドに有る)責任論(催奇形性をめぐって)損害東京地裁における口頭弁論終結因果関係・責任を認め、和 …

no image

自主的に出荷中止/イソミンとプロバンM(朝日新聞スクープ)

日本国内で、大日本製薬(株)がサリドマイド製剤の出荷中止(1962年5月)を決めた時、既にレンツ警告(1961年11月)から約半年が経過していた。 この出荷中止決定を伝えたのが、朝日新聞夕刊スクープで …

no image

レンツ警告後、日本での回収決定は大幅に遅れた

レンツ警告(1961年11月)後、欧州各国では直ちにサリドマイドの回収が行われた。1961年末までには回収作業は終了したものと思われる。これに対して、日本国内の動きは非常に緩慢かつ信じられないものであ …

no image

ケルシー博士(米国FDA)、米国内でのサリドマイド発売を阻止する

サリドマイドは、米国ではついに発売されることはなかった。FDA(米国食品医薬品局)のフランシス・ケルシー博士が、米国メレル社の発売申請に待ったをかけ続けたためである。 その間当然ながら、発売を急ぐメレ …