日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

公的機関・リンク集

投稿日:

厚生労働省及び米国関連

厚生労働省
同リンク集(厚生労働省HP内)
(国会、官公庁、首相官邸、社会保険庁、施設等機関(国立)、関連団体・研究班など)
医薬品医療機器総合機構(PMDA)

FDA(米国食品医薬品局)(添付文書など)
RxList(米国処方薬集);日本の添付文書集よりはるかに情報量が多い

薬剤師会、薬学部・薬科大学

日本薬剤師会
日本病院薬剤師会
全国の薬剤師会リスト
全国の薬学部・薬科大学リスト(薬学部・薬系大学のすべてを網羅)
 上記2つは、「豊見雅文のホームページ」より

医師会、歯科医師会、及び看護協会

日本医師会
日本歯科医師会
日本看護協会

製薬企業、卸業

日本製薬団体連合会(日薬連)
日本製薬工業協会(製薬協)
東京医薬品工業協会(東薬工)
大阪医薬品協会(大薬協)
日本ジェネリック製薬協会
日本OTC医薬品協会
日本医薬品卸業連合会

出版社

日本医書出版協会
日本書籍出版協会
日本雑誌協会
日本雑誌協会 日本書籍出版協会 50年史《Web版》

新聞社(+通信社、放送局など)

(社)日本新聞協会
〈メディアリンク〉から、新聞社、通信社、放送局などの一覧へ

日本経済新聞朝日新聞読売新聞毎日新聞産経新聞日刊工業新聞

関連URL及び電子書籍(アマゾンKindle版)

1)サリドマイド事件全般について、以下で概要をまとめています。
サリドマイド事件のあらまし(概要)
上記まとめ記事から各詳細ページにリンクを張っています。
(現在の詳細ページ数、20数ページ)

2)サリドマイド事件に関する全ページをまとめて電子出版しています。(アマゾンKindle版)
『サリドマイド事件(第2版)』
世界最大の薬害 日本の場合はどうだったのか

www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00V2CRN9G/
2015年3月21日(電子書籍:Amazon Kindle版)
2016年11月5日(第2版発行)

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

サリドマイド訴訟(因果関係・責任論・損害)

サリドマイド裁判の過程で問題となった三点 1971年2月18日(昭和46)、東京地裁で第1回口頭弁論が開かれ、直ちに証拠調べに入った。証人尋問が始まったのである。以来月平均2回弱のペースで、丸1日を全 …

no image

東京都立築地産院におけるサリドマイド児3例

レンツ警告以前、日本国内でもサリドマイド児が生まれていた レンツ警告(1961年11月)に先立つこと数か月前までに、日本国内では、東京都立築地産院においてサリドマイドの催奇形性を疑う症例が2年間で3例 …

no image

サリドマイド事件(疑わしきは直ちに「回収」すべきであった)

素早い回収こそ最善の策である レンツ警告後の患者数は、日本が世界で一番多い。 津田敏秀(岡山大学教授)は、サリドマイド事件に関して「疑わしきは直ちに回収」すべきであったとしている。 「「(誤って)回収 …

no image

徳島大学薬学部70年史

大正12年04月09日 徳島高等工業学校 第1回入学式 土木工学科、機械工学科、応用化学科(製薬化学部) 大正15年04月07日 徳島高等工業学校応用化学科製薬化学部の指定 昭和19年04月01日 徳 …

no image

サリドマイド事件(日本でも民事訴訟始まる)

日本のサリドマイド裁判(民事訴訟)の成り行き サリドマイド児の父母たちは、1962年(昭和37)になってサリドマイド禍の原因追究運動を始めた。法務省や厚生省を訪ねたり、大日本製薬(株)に抗議を申し込む …