薬物動態学

一般的にクリアランス(処理能力)とは、ある物質を血液中から完全に取り除く能力のことを言う。

クリアランスとは、全血流量のうち処理できる(薬物量をゼロにする)血液量に相当する値のことであり、単位時間当たりに処理できる血液量( ...

薬物動態学

薬物動態学は、生体内の薬物の動き(吸収、分布、代謝そして排泄)を、主として薬物血中濃度の時間的推移から見ていく学問である。

薬物動態学では、多くの場合、体全体を血液で満たされた一つの箱(コンパートメント)と見なし、そのコン ...

薬物動態学

分布容積(Vd)は、「(ある薬物が)血中濃度と等しい濃度で生体内に均一に分布している」と仮定した場合の見かけの体液量(容積)を表している。

分布容積(Vd)は、薬物が生体内のどこに存在(どこまで分布)しているかを示す数値で ...

薬物動態学

「薬物動態学」は薬物治療の基本。保険薬局薬剤師の立場からの学び直しです。(順次追加予定)

薬物動態(PK:pharmacokinetics)
分布容積(Vd)とは生体内で薬物が分布する範囲(容積)を示す概念である ...

薬物動態学

薬物動態とは、生体に投与された薬物が、生体内でどのような動きをするかについてまとめたものである。

生体に投与された薬物は、「吸収」されて生体内に「分布」し、そしてその後「代謝」・「排泄」されていく。そうした一連の過程の頭文 ...

薬物動態学

肝クリアランスとは、肝臓が血液を浄化する能力のことを言う。つまり、肝臓が薬物を代謝する能力のことである。ただし、肝クリアランスには、クレアチニンクリアランス(腎クリアランスの指標)のような指標となるものはない。

薬物動態学

バイオアベイラビリティ(生物学的利用率)とは、「投与された薬物のうち何パーセントが全身血液中に吸収されたか」を示す薬物動態パラメータである。生物学的利用能と同義語と考えてよい。

さて、経口投与された薬物は、消化管(主に小腸 ...

薬物動態学

参考:肝炎.net(肝臓に関する検査の一覧)

肝細胞の障害の程度をみる項目

AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP

AST(GOT)、ALT(GPT)

AST(GOT)やALT(GPT)は、肝炎な

薬物動態学

クレアチニン・クリアランス(Ccr)は、腎クリアランス(腎臓が薬物を排泄する能力)の指標として用いられる。

腎機能の程度(糸球体ろ過能力)を表す指標の一つであり、「血液中のクレアチニンを腎臓で除去して尿中に排泄する能力(ク ...