薬物動態学

安定した薬の効果を維持するためには、血中濃度が有効血中濃度に達していることが必要である。
以下にて、その血中濃度の求め方を示す。

なお薬物によって、血中濃度が定常状態になる薬物とならない薬物がある。
定常状 ...

薬物動態学

「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」(日本老年医学会)
・特に慎重な投与を要する薬物のリスト
・開始を考慮するべき薬物リスト
薬物動態学マスター術(第2版)2019,p.140
(上記2つのリ ...

薬物動態学

薬物動態の変化を伴う薬物相互作用2019/PharmaTribune

この表には、2018年12月現在日本で承認されている薬物で、ヒトで消化管内のpH上昇とキレート形成、あるいは代謝酵素・トランスポーターの活性変化により体内動態が変化し ...

薬物動態学

高齢者と健康成人とは異なる集団である。

高齢者とは、肝機能障害患者や腎機能患者などと同じく特殊な集団である。健康成人とは別に、常に高齢者における薬物動態パラメーターを意識しておく必要がある。

薬効や副作用のモニ ...

薬物動態学

薬物の排泄経路(肝腎な話)

薬物(生体外物質)は生体にとって異物である。
したがって、生体側ではそれを速やかに排除しようとする。
そのとき、薬物が水溶性(極性が高い)であるか脂溶性(極性が低い)であるかの違いによって、代 ...

薬物動態学

塩酸バンコマイシンTDMソフト

私は、20世紀終盤から21世紀にかけての数年間、中四国9県のDI(ドラッグ・インフォメーション)担当をしていました(広島在籍)。

その当時、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が大きな問題 ...

薬物動態学

一般的にクリアランス(処理能力)とは、ある物質を血液中から完全に取り除く能力のことを言う。

クリアランスとは、全血流量のうち処理できる(薬物量をゼロにする)血液量に相当する値のことであり、単位時間当たりに処理できる血液量( ...

薬物動態学

薬物動態学は、生体内の薬物の動き(吸収、分布、代謝そして排泄)を、主として薬物血中濃度の時間的推移から見ていく学問である。

薬物動態学では、多くの場合、体全体を血液で満たされた一つの箱(コンパートメント)と見なし、そのコン ...

薬物動態学

分布容積(Vd)は、「(ある薬物が)血中濃度と等しい濃度で生体内に均一に分布している」と仮定した場合の見かけの体液量(容積)を表している。
分布容積(Vd)は、薬物が生体内のどこに存在(どこまで分布)しているかを示す数値であり ...

薬物動態学

薬物動態とは、生体に投与された薬物が、生体内でどのような動きをするかについてまとめたものである。

生体に投与された薬物は、「吸収」されて生体内に「分布」し、そしてその後「代謝」・「排泄」されていく。そうした一連の過程の頭文 ...

薬物動態学

肝クリアランスとは、肝臓が血液を浄化する能力のことを言う。
つまり、肝臓が薬物を代謝する能力のことである。
ただし、肝クリアランスには、クレアチニンクリアランス(腎クリアランスの指標)のような指標となるものはない。 ...

薬物動態学

バイオアベイラビリティ(bioavailability:生物学的利用能)について、公益社団法人日本薬学会「薬学用語解説」では、生物学的利用率(%)と生物学的利用速度の両面から解説している。

(バイオアベイラビリティとは)投 ...

薬物動態学

参考:肝炎.net(肝臓に関する検査の一覧)

肝細胞の障害の程度をみる項目

AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP

AST(GOT)、ALT(GPT)

AST(GOT)やALT(GPT)は、肝炎な

薬物動態学

クレアチニン・クリアランス(CCr)は、腎クリアランス(腎臓が薬物を排泄する能力)の指標として用いられる。

腎機能の程度、すなわちGFR(糸球体濾過量:glomerular filtration rate)を表す指標の一つ ...