日本の薬害・公害(Akimasa Net)

薬害防止のために薬剤師のやるべきことは

「 投稿者アーカイブ:yakugai 」 一覧

no image

日本にもサリドマイド児・梶井正博士(読売新聞スクープ)

2018/06/10   -サリドマイド

日本国内で、サリドマイド児の存在を初めて明らかにしたのは、梶井正博士(北大小児科講師)である。 そのことを伝える新聞記事が出た後、大日本製薬(株)は、やっとサリドマイド製剤の販売中止及び回収を決定(1 …

no image

イソミンとプロバンM/自主的に出荷中止(朝日新聞スクープ)

2018/06/10   -サリドマイド

日本国内で、大日本製薬(株)がサリドマイド製剤の出荷中止(1962年5月)を決めた時、既にレンツ警告(1961年11月)から約半年が経過していた。 この出荷中止決定を伝えたのが、朝日新聞夕刊スクープで …

no image

レンツ警告(日本ではどう受け止められたのか)

2018/06/10   -サリドマイド

レンツ警告、日本にも届く レンツ警告(1961年11月)後、欧州各国では直ちにサリドマイドの回収が行われた。1961年末までには回収作業は終了したものと思われる。これに対して、日本国内の動きは非常に緩 …

no image

東京都立築地産院におけるサリドマイド児3例

2018/06/10   -サリドマイド

レンツ警告以前、日本国内でもサリドマイド児が生まれていた レンツ警告(1961年11月)に先立つこと数か月前までに、日本国内では、東京都立築地産院においてサリドマイドの催奇形性を疑う症例が2年間で3例 …

no image

サリドマイド製剤(イソミンとプロバンM、そしてゾロ品)

2018/06/10   -サリドマイド

イソミンとプロバンM(そしてプロバンMB) 大日本製薬(株)は、1958年(昭和33)1月、睡眠・鎮静剤イソミンを発売した。そして、1960年8月には、合剤の「プロバンM」を胃腸薬として発売した。その …

no image

レンツ警告(サリドマイドが奇形の原因である可能性が極めて高いと警告/1961年11月)

2018/06/10   -サリドマイド

レンツ警告とは レンツ警告とは、「サリドマイド(商品名:コンテルガン)が、1960年代初頭に西ドイツ(当時)で多発していた新たな奇形の原因である可能性が極めて高く、したがって、直ちに全製品を回収すべき …

no image

サリドマイドの誕生(西ドイツ&日本)

2018/06/10   -サリドマイド

睡眠・鎮静剤「コンテルガン」(西ドイツ) サリドマイドは、最初、チバ製薬(スイス)でグルタミン酸誘導体として製造(1953年)された。しかし、薬理作用がないということで開発は中止されていた。(以下主と …

no image

サリドマイド販売量を縮刷版20万ページ分のサリドマイド広告スペースで分析してみたら

2018/06/10   -サリドマイド

日本の医薬品は、100%広告の力で売れている? 中森黎悟さん(サリドマイド児の父親)は、ある時偶然に、「医薬品は、外国では75%、日本では100%までが、広告の力で売れている」という趣旨の文章を目にし …

no image

サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には相関関係がある

2018/06/10   -サリドマイド

疫学研究によれば、サリドマイド胎芽病は、サリドマイドが販売された場所(国)と時間(期間)でのみ発生している。サリドマイド使用量の推移とサリドマイド胎芽病の増減には、少なくとも相関関係があることは間違い …

no image

サリドマイド胎芽病と催奇形性

2018/06/10   -サリドマイド

サリドマイドによる障害(奇形)は、四肢(特に上肢)、顔面(特に耳)そのほか全身に及ぶ サリドマイド胎芽病とは、サリドマイドを妊娠初期の母親が服用することによって、胎児(正確には胎芽)に生じる障害(奇形 …